fc2ブログ

ベンガル猫日記

我家のベンガル猫と子猫達の生活♪ by ベンガル猫専門ブリーダーGoldenLeos bengals
2011年03月07日(月曜日)

老猫ちゃんの食事

今月8歳を迎える我が家のレーダー。そろそろで年に一度の定期健診を受けようと思い、先日血液検査をしてもらいました。

結果は・・・初期の慢性腎不全?(慢性腎不全予備軍?)
正確には尿検査も行わないとはっきりとはしませんが・・・
クレアチニンが、正常値(0.9-1.8)より少し高く2.1でした。幸いその他の数値はほぼ正常値内で問題なかったのですが、本当に慢性腎不全なのか?もう少し検査が必要とのこと。尿検査をまだしてもらってないので、尿比重などを検査する必要があるようです。
それでも、血液検査で腎臓値に異常が出た時点で既に腎臓の75%はダメージを受けているとのことなので、色々やって多少数値が下がったとしても腎臓の半分は確実に機能不全なんだと思います・・・orz
見た目は、全く元気なんですけどねぇ。。。


主治医の先生とも話をしたのですが・・・
我が家の食事内容は、子猫~成猫が食べれる『高たんぱく・低炭水化物食』のカリカリを現在メインで与えています。その他に、缶詰を少量のぬるま湯で緩めサプリメントを混ぜた『缶詰スープ』を添えています。
子猫ちゃんがいる時は、時々生肉を使った手作りごはんも与えてます。

確かに子猫~成猫(4~5歳?)くらいまでは、この食事内容でもよいと思うのですが、老猫ちゃんにはちょっと重過ぎる内容かしら???と考えている最中でした。
・・・はい、やっぱり重すぎたようです。orz
でも老猫といっても、人間に例えるとまだ50才前後なんだけど・・・^^;加齢と共に新陳代謝も悪くなり色んな臓器の機能低下もはじまりますから、やっぱりいつまでも若い子達と同じ内容ではダメってことなのねぇ・・・


腎臓病には『良質なタンパク質が必要』とありますが、正直それをカリカリに求めるのは不可能なのではないかと思っています。でも与えるのであればやっぱり腎臓にあまり負担にならない内容にするべきだよなぁ・・・と悩んでしまいます。

幸い、レーダーの場合は初期なのでまだまだ対処法はあります。^^
腎臓は、一度ダメージを受けてしまうと肝臓のように回復しませんが、これからは残った健康な腎臓を大切に使っていきます。


また季節的に、寒い冬も過ぎ去り、もうすぐ暖かい春がやってきます。春は冬の間に溜まった老廃物を解毒する季節でもあります。暫くは、解毒効果のあるサプリやレメディなども積極的に与えてみよう思います♪

まずは、腎臓・肝臓(腎臓は肝臓と密接な関係がありますから、両方をみていきます)の機能UPのためのビタミン療法と食事の改善。もう少し低タンパク質の内容に替えようと思います。
レメディは、『肝心かなめセット(肝臓・腎臓ケア)』を一ヶ月ほど与えてみます。肝臓や腎臓に問題のある子には、オススメのレメディです。

【g/d(Hill's)ドライ】(初期の腎臓病)
★保証成分★
粗蛋白質 29.0(%以上)、粗脂肪 15.5(%以上)、粗繊維 3.0(%以下)、粗灰分 5.5(%以下)、水分 10.0(%以下)、カルシウム 0.35(%以上)、リン 0.75(%以下)、マグネシウム:0.07%以下、タウリン 0.05(%以上)
==乾燥重量値==(乾燥させた状態での100gあたりの栄養を示しています)
粗蛋白質 32.2(%以上)、粗脂肪 17.2(%以上)、粗繊維 3.3(%以下)、粗灰分 6.1(%以下)、リン 0.83(%以下)、マグネシウム 0.078%以下、炭水化物 41.1 
==原材料==
米、コーングルテン、動物性油脂、チキン、大豆、ポーク、チキンエキス、フィッシュ、酵母、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物)


【k/d(Hill's)ドライ】(腎臓病)
★保証成分値★
粗蛋白質:24.0%以上、粗脂肪:19.0%以上、粗繊維:5.0%以下、粗灰分:10.0%以下、水分:0.5%以上、カルシウム:0.654%以上、リン:0.28%以下、ナトリウム:0.28%以下、マグネシウム:0.085%以下、タウリン:0.08%以上、ビタミンE:550IU/kg以上、ビタミンC:75mg/kg以上
==乾燥重量値==
粗蛋白質 26.7(%以上)、粗脂肪 21.1(%以上)、粗繊維 5.6(%以下)、粗灰分 11.1(%以下)、リン 0.31(%以下)、炭水化物 35.6
==原材料==
米、コーングルテン、動物性油脂、チキン、全卵、セルロース、フィッシュ、チキンエキス、ビートパルプ、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物)


こうしてみると療法食(腎臓病)のリン数値は、本当に少ないですね~。
基本的に『肉』を制限すると必然的にリンの数値を抑えることができるそうです。
でも、本来肉食獣の猫ちゃんにお米やトウモロコシのクズたっぷりのごはんを与えるのか?と思うと・・・ちょっと複雑な心境になってしまいます。(管理人だけ?^^;)

そうそう、タイムリーにRIENさんのところで、手作りごはんの素(べジビタミックス)が期間限定で受注販売されることになりました!!(2011年3月15日まで)
http://rien.seesaa.net/article/188734766.html

外国製の『手作りごはんの素』とは違い、野菜粉末などが含まれ療法食並みに自分で成分を簡単に調節することが出来る優れものなのです♪しかーし、野菜の匂いとかするんでしょうかね・・・やっぱりちょっとひと工夫して味をごまかさないと我が家の猫ちゃん達は途中で飽きてしまうようです。^^;
時間のあるときには、べジビタミックスも使ってみようと思ってます♪

でも、やっぱり動物病院の療法食は与えたくないな・・・手作りの時間もないな・・・と言う方には・・・
初期の腎不全であれば、g/dに近い成分値のカリカリがいくつかあるかと思います。
↓この2種類は、k/dとほぼ同じ成分値ですね!

【アニモンダ(ニーレン)について】
■アニモンダ 腎臓ケア・ニーレン(低リン)
-保証成分-
タンパク質22%  脂肪23%  粗繊維4%  粗灰分4%  水分8% カルシウム0.6% リン0.35% ナトリウム0.2% カリウム0.5% リノール酸4%
==乾燥重量値==
粗蛋白質23.9%以上 粗脂肪25%以上 粗繊維4.35%以下 粗灰分4.35%以下、カルシウム0.0.65%以下、リン0.38%以下、炭水化物42.4%
==原材料==
米、コーン、鳥脂肪、小麦粉、コーンタンパク、鳥タンパク、加水分解鳥タンパク、鳥肉粉(低灰)、ビートパルプ、オート麦繊維、鳥レバー、魚油、牛タンパク、ポテトスターチ、ミネラル、ユッカシジゲラ、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE

【ザナベレについて】
■ザナベレ ウリナリー
-保証成分-
粗タンパク質 24.50%、粗脂肪 21.50%、粗繊維 5.50%、粗灰分 6.00%、水分 10.00%、カルシウム0.55%、リン0.50%、マグネシウム・・0.05%、
==乾燥重量値==
粗蛋白質27.2%以上 粗脂肪23.9%以上 粗繊維6.1%以下 粗灰分6.7%以下、カルシウム0.61%以下、リン0.56%以下、マグネシウム0.056%以下 炭水化物36.1%
==原材料==
ライス、動物性脂肪、鶏肉粉、大麦、レバー粉(鶏)、肉粉(豚肉)、加水分解肉(鶏肉)、魚粉(鮭・イワシ・ニシン)、セルロース繊維、シュマルツ(乾燥)、卵(乾燥)、亜麻仁、魚油、塩化カリウム、ビール酵母(乾燥)、コケモモ(乾燥)、ブルーべリー(乾燥)、キンセンカの花(乾燥)、貝粉(乾燥)、チコリパウダー、ユッカエキス

■ザナベレ シニア
-保証成分-
水分 10.00%、粗タンパク質 29.00%、粗脂肪 13.00%、粗繊維 5.00%、粗灰分 6.00%、カルシウム 0.80%、リン 0.70%、マグネシウム 0.07%
==乾燥重量値==
粗蛋白質32.2%以上 粗脂肪14.4%以上 粗繊維5.6%以下 粗灰分6.7%以下、カルシウム0.89%以下、リン0.78%以下、マグネシウム0.78%以下 炭水化物 41.1%
==原材料==
鶏肉粉、コーン、大麦、ライス、動物性脂肪、レバー粉(鶏)、魚粉(鮭・イワシ・ニシン)、加水分解肉(鶏肉)、セルロース繊維、肉粉(豚肉)、卵(乾燥)、シュマルツ(乾燥)、ビートパルプ、亜麻仁、ビール酵母(乾燥)、魚油、塩化カリウム、コケモモ(乾燥)、ブルーベリー(乾燥)、貝粉(乾燥)、チコリパウダー、キンセンカの花(乾燥)、ユッカエキス

【ワイソンについて】
■ワイソン:ジュリアトリクス(老猫用)
-保証成分-
粗蛋白質32.0%以上 粗脂肪15.5%以上 粗繊維7.0%以下 粗灰分5.4%以下、水分12%以下、タウリン0.2%、カルシウム1.3%以下、リン0.8%以下、マグネシウム0.1%以下
==乾燥重量値==
粗蛋白質36.0%以上 粗脂肪17.6%以上 粗繊維8.0%以下 粗灰分6.1%以下、カルシウム1.5%以下、リン0.9%以下、マグネシウム0.1%以下 炭水化物 31.9%
==原材料==
鶏肉、鶏内臓肉、鶏脂肪(ビタミンEトコフェロールで酸化防止)、粗挽玄米、粗挽小麦、粗挽コーン、粗挽挽割オート、魚油、海塩、DL-メチオニン、タウリン、卵、プラム、乾燥小麦草粉、乾燥大麦草粉、乳奬、ドライヨーグルト、レシチン、クエン酸、セージ・ローズマリーの天然エキス、乾燥海草、ガーリック、ブラックペッパー、アーティチョーク、枯草菌発酵物、腸球菌発酵物、アシドフィルス菌発酵物、乳酸桿菌発酵物、乳酸球菌発酵物、酵母発酵物、米麹菌発酵物、黒麹菌発酵物アスコルビン酸、亜鉛蛋白、鉄蛋白、ビタミンE、ニアシン、マンガン蛋白、パントテン酸カルシウム、チアミン、銅蛋白、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンAアセテート、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンD3


6~7歳を過ぎたら年に一度は、健康診断をオススメします!


本日、レーダーの8歳のバースデイに乾~杯♪アップロードファイル
にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
ブログランキングに参加してます。励みになります、ポチっと応援宜しくお願いします。

***備忘録***
レーダーの食事(手作りごはん)について、有料ですが専門家の方にご相談しました!
特に、サプリメントについては、『ビタミンC』と『カルシウム』は、現在使用しているものから変更します。

■カルシウム(炭酸カルシウム)→炭酸カルシウムは、リンの吸着が良いそうです!
http://www.supmart.com/search/?pid=7040

■ビタミンC(エスターC、もしくはバッファードC)→今までは天然のビタミンC『ローズヒップ』を与えてましたが、天然物には不純物が多く含まれているため治療には不向きなようです。
http://www.supmart.com/search/?pid=10652

乾燥重量値
フードの種類によって水分量が異なっています。
ドライフードでもメーカーが違うと、水分が10%だったり12%だったり・・・缶詰にいたっては80%とか・・・
比較するには、水分を省いた状態の100gあたりの栄養を示した乾燥重量値をみます。
これで、実際に含まれている各成分の含有量がわかります。

【乾燥重量計算表】
http://nekogohan.net/kansou_keisan/kanso_keisan.html#a
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

がんはとても深刻で苦しい病気です。その状況は実際に罹った者にしか分らないのかもしれません。それでも、誰にでも共通する思いは、何とかその状況を打開したいという思いではないでしょうか? 【ガンとの闘い】ガンに負けるな!【 2011/04/08 06:59 】

 

 東北地震犬猫レスキュー 
 地震・放射性物質拡散情報 


科学的根拠を基に地震発生予測されています!
放射性物質拡散予測

 プロフィール 

 アルバム 

 Myムービー集 

★Goldenleosの動画集★

  ~Goldenleosの動画集~

 にゃんずメンバー 

*****アダルトチーム*****
  • ティファニー/♀
  • tiffany
    1993/12/23/生(避妊済)
  • パンサ/♂
  • pansa
    1998/12/18/生(去勢済)
*****ヤングチーム*****
  • レーダー/♂
  • radar
    2003/3/7/生
  • ジュエル/♀
  • ゛Jewel"
    2005/7/25/生
  • ルビィ/♀
  • ゛Jewel"
    2006/7/26/生
  • ハッチ/♂
  • radar
    2007/9/4/生
  • メイプル/♀
  • MAPLE
    2003/10/24/生(避妊済)

 最近の記事+コメント 

 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 カレンダー(月別) 

04 ≪│2024/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 ベンガル時計 
 カテゴリー 
 **NEWS** 


ペットフード事件簿

★毎週金曜日更新!↓
須崎先生のにゃんこクリニック

 天気予報 

 ☆今日の運勢☆ 
 ブログリンク 
 お勧め品 
 お勧めリンク 
 ひめくりカレンダー 

 潮見表カレンダー:千葉 

 ブログ内検索 

 QRコード 

QRコード

 フリーエリア